【東京カフェ記録】コンビニエンスストア髙橋 | パンが美味しい練馬カフェ

takahashi Cafe
Sponsor Link

練馬春日町にある「コンビニエンスストア髙橋」

名前だけ聞いても何屋さんなのか見当もつかない。
でもどうやらパンが美味しいらしい、ということで足を運んでみました。

こんな人におすすめの記事
  • ご飯よりパン派
  • 美味しいパンが大好き
  • アットホームな雰囲気のカフェが好き
  • 練馬カフェ開拓中

アクセス / Access

住所〒179-0074
東京都練馬区春日町3丁目4−4 春日町3丁目第2アパート4号棟
最寄り駅練馬春日町駅から徒歩7分
TEL0358489127

営業時間 / Business Hours

「10じくらい〜18じくらい 日によって22時まで」とのこと。
パンが売り切れてしまったりで早仕舞いすることもあるようなので、お早目に行くのが吉!

※最新情報は公式Instagramをご確認ください。

コンビニエンスストア髙橋ってどんなところ?

takahashi-1
入口の独特なイラストが特徴的

2020年11月18日に練馬春日町にオープンした「コンビニエンスストア髙橋」

勿論(?)コンビニではありません。
でもファ●マとか、セブ●とか、大手じゃないローカルなコンビニ、あったらちょっと面白そう。

と思っていたら、まさかのそういうコンセプトでした。(公式Instagramから引用させていただきます)

“ちょっといいコンビニ目指してます。
イートインの充実してる
朝ごはんもお昼もおやつもできて、さく呑みもできる
美味しいコーヒーとお酒が飲める
一人で読書をもくもくも
友達とお茶も、恋人と待ち合わせにも使える
クイックな感じは残したコンビニ。”

なんて素敵な場所なのでしょう。
カフェカテゴリで記事を書くのが烏滸がましいくらいの野望が詰まっておりました。

一見パン屋さんだけどお酒が置いてあったり、異空間でした。

私が訪れた時はパンが美味しいで有名のようでした。
勿論これから発展されていくと思うので期待でしかありません。(我ながら上から目線)

そして、コンセプトもとてもお気に入りなのですが、コンビニといいつつアットホームな雰囲気が凄く落ち着きました。そりゃ一人で読書もはかどるわ、と。
昔に来たことがあるようなこの雰囲気はどこから出ているんだろうな~と考えていたところ、お店の方にインタビューされている記事を発見。

そのインタビューの中で、照明や装飾で使用されているステンドグラス、クッションカバーが家族による手作りであることを知り、それが理由の1つかもな、と思いました。手作りのものはやはり温かみが出ます。

カウンター席も用意されているのでおひとりさまも利用しやすい

お店に設置されているレコードも、お父さん譲りのものなのだそうです。
あくまで私の見解ですが、レコードがあるお店は間違いない、と思っています。笑

インタビュー記事はこちら
Sponsor Link

メニュー

色々なパンがあり悩みましたが、無難なあんぱん(¥300くらい)をチョイス。
ドリンクはカフェラテのホット(¥500)

”無難“といいましたが、蓋をあけてみれば、いや、パンを頬張ってみれば、まったく無難ではなかったあんぱん。

写真では伝わらないのですが、レーズン(たぶん)が入っているのです。
その酸味が心地よくて、あんこの甘さと相性ばっちり。

ちなみにですが、勿論テイクアウトも可能です。むしろイートインよりパンを買いに来ているお客さんのが多かった印象。(このご時世だからなのもあるかも)

パン以外にもランチメニューがあったりと、気になるものが多かったです。これはまた行くしかない。

※2021年4月4日現在
公式Instagramにて以下投稿がございましたので、今はメニュー縮小されているかもしれません。
ランチボックス目当ての方は公式Instagramで復活日を確認or直接お店にお問い合わせください。

また「いい人募集」もしているようですよ~~
こういうユーモアさ大好き。1日48時間あったら私も働きたかったくらい楽しそう。

こんなときにおすすめ

いつもはこの見出し箇所、色々妄想を膨らませて書くのですが、
今回に限っては「いつでもおすすめ」でしかなかったです(もちろんいい意味で。)

ちゃんあん
ちゃんあん

コンビニを求めるときにいつも何かに特化した気分はなくて、食べたい、飲みたい、コピーしたい、お金下ろしたい、なんでも叶えてくれる場所ですよね。それと一緒!

コメント

タイトルとURLをコピーしました